その他合名会社

破産宣告をもらったとき、どの程度の失うものがありうるかは、破産申立を検討した方達にとって100%開始時に得たい内容だと考えます。76-17-17

破産宣告者が被る損害に関しての項目を列挙形式にしておきましょう。76-12-17

・市町村役場の破産者の名簿に書かれます。76-13-17

※公的な身分証明書を給付するための基礎資料であるので一般人はチェックすることができないですし、免責の決定がされれば消滅します。76-7-17

・官報へ記載される。76-19-17

※市販されている新聞とは別で書店では扱われませんし、普通の人にはつながりのないことだと考えられます。76-8-17

・公法における資格の制限。76-10-17

※自己破産宣告者になった場合CPA、行政書士、税理士などの資格保有者は資格停止になるから仕事が許されなくなります。76-1-17

・私法での資格の制限。76-16-17

※破産宣告者は成年後見役、連帯保証者、遺言執行人を請け負うことが不可能になります。76-3-17

その他合名会社、合資会社のメンバーおよび有限形式の企業の監査クラスのときは退任事由となります。

・カードローンやクレジットカードを用いることが許されません。

破産管財人事件には次のような制約が存在します。

・自分の所有物を使用、譲渡することが許されなくなります。

・破産管財を行う人や債権者団体の要求があると必要十分な応答をする義務があります。

・地方裁判所の認可なしに居住地の変更や長期間の外出をすることは認められません。

・地方裁判所が止むを得ないと認める状況では体を確保される場合があるのです。

・送付物は破産管財を行う者に届けられることになり、破産管財人は配達物を開けることが許されます。

他の破産した方の損失に関する一般に誤解されている項目を列挙形式にします。

1戸籍および住民票には載りません。

2会社は自己破産してしまったことを理由に解雇することは不可能です。

※基本的に本人からしゃべらないかぎり周囲にばれる可能性はゼロに等しいです。

3選挙に立候補する権利などの権限は止められません。

4連帯保証者になっていなければ、血縁関係者に支払い義務などはないです。

5最小限度の日常に大切な家財一式(PC、テレビをカウント)着るものなどは差し押さえされません。

自己破産した人の損失に関連して列挙しました。

破産をすれば返済義務はゼロになるといっても、以上の損失が避けられません。

破産を考慮する上で、アドバンテージも困難きちんと考慮した方がよいです。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.