子どもの肌荒れはかわいそう

肌荒れは、特に冬にはとても気になる悩みの一つです。カジノイン

私にはもうすぐ2歳になる子どもがいますが、その子どもの肌も悩みとなっています。

子どもの肌はとてもつるつるできれいです。

そのため、すこし荒れても目立ちやすいですし、見ていてとても痛々しいです。

子どもの肌が荒れるのは、風邪を引いたときが多いです。

子どもはまだ鼻をかめず、鼻水がたれてきた時に、無意識に拭います。

それで、ほっぺたまで伸びます。

その鼻水が乾いたときに荒れることが多いです。

パリパリになってしまって、ひどいときはあかぎれのように血が出ることもあります。

また、風邪をひいてなくても、ちょっと風の強い場所で遊んだりすると、しもやけのようになることもあります。

うちでは、このような子どもの肌荒れは、病院でもらった薬で解決しています。

市販のものよりもよく効く気がします。

保湿剤と、ステロイドが少し入ったクリームです。

いつも寝る前に塗ると、どんなに荒れていても翌朝には治っています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.