通常は例外なく没収対象として扱われてしまうので

破産の手続きは一部分の貸与金を除いた申し立てはできませんので、ローンまたは保証人がいる借入を除いた手続きは認められておりません。

高額な住宅ローンがまだある段階で自己破産の申し立てをすれば自分の家は没収されてしまいますことから高額な住宅ローンを継続して払いながら(持ち家を所有し続けながら)お金を精算したい時には民事再生の手続きを用いるのがよいでしょう。

あるいは連帯保証人が存在する借金があるケースでは借入者が自己破産の申請をしてしまうと、保証人に対してじかに返済請求が送付されてしまいます。

また、所有している財貨(持ち家、自動車、証券類あるいは生命保険といったもの)については、通常は例外なく没収対象として扱われてしまうので、失いたくない財産が残っているという場合や破産の手続きをしてしまうと営業停止を余儀なくされる資格で労働されている場合ですと別の負債返済の方策(任意整理または特定調停手続等)を検討しなければいけないのです。

一方ギャンブルや浪費によって負債を持ってしまったケースだと最大の関心事である免責(借りたお金をゼロにしてしまう)が適用されない事態もありますから、違う負債返済の仕方(特定調停の申し立て、債権者との和解による任意整理又は民事再生の適用による返済の減額)による身の振り方も視野に入れて調べていく方が良いこともあるでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.