し続けられれば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません

ありふれた初心者向けの外為取引のテキストでは、「損失を被ったケースではナンピンすることで、平均のコストを抑える事ができる」等記述されていたりする事もありますが、現実にはそれには落とし穴が待ち受けています。

はじめに、ナンピンの手法について易しく説明します。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

ドル買いだから、円安ドル高になるほど利益が出ますが思い通りに行かず95円まで円高ドル安が進んだとします。

このまま維持し続けたとしたら、利益がでるためには、ドル安になった分、ドル高が進まなければなりません。

誰もがみんな、損失は早めに取り戻したい考えるでしょう。

そこで最初に売り買いしたのと同じ分のドルを1ドルを95円で買います。

すると、ポジション全体の価格は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。

2.50円の幅でドル高が進めば、損を失くせます。

これが、ナンピンの方法です。

ナンピン買いの理論を耳にすると「その通り」という風に思うが為替相場はそう簡単には思うようにはいきません。

元々、95円以下にならないとは、誰一人として分かるはずがありません。

仮定として、外国為替市場が強い円高基調だとすると、1ドル=95円では収まらず、さらに円高が加速する可能性は高くなります。

ひとつの例として、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いしたポジションにも赤字が生じてしまいます。

これでは、一番初めに買ったドルとトータルでダブルで損失が生じる事になります。

例示したとおり、ナンピン買いは難しいのだ。

では、外国為替市場があなたの脚本とは反対の方向にすぐに向ってしまった場合、いかなる方法でリスクを回避すればいいのでしょうか。

選ぶべき選択肢は多くはありません。

まずひとつはあきらめて損を確定する事です。

ふたつめは今、自分か所持している買いポジションを縮小することによって、改めて外国為替市場が回復するのを大人しく待つ事です。

かなり大人しい術だと考える人もいるだろう。

けれども、自分が所有している買いポジションにマイナスが生じた時リスクが低い方法はこれよりいいものはないです。

ロジックのうえではナンピンという術もあると思います。

だけどナンピンは、マイナスになっているのに、買いポジションを減少させるどころかポジションを買い増していく方法です。

この方法では、危険性を管理することなど、どうやってもやりようがないと思うべきです。

ナンピン買いをし続けられれば最終的にはマイナスがプラスになるかもしれません。

けれども、それ以前に資金がマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.