こちらから返金に関しての話

車を所有する人でしたら分かっていると思いますが自動車税なるものが課税されます。

そしてこの税金は、査定に出す中古車売却時に当然のように還付されるのです。

実際実行するとすぐ頭に入ってくると思いますが一から順に分かりやすく案内します。

ちなみに説明をすれば日本販売されている自動車のみが対象ではなく海外の車などでも税が戻ってくる範囲になってきます。

当然ですが中古車などもそうですね。

車を所有する人が支払わなければならない税金ですが、これは車の排気量の大小で規定されています。

1リッター以下ならば29500円、1リッターより上で1.5リッター以下の場合34500円になります。

これ以降は500ccごとに5000円増加していきます。

これは4月1日時点の保有者が年度内の金額を払う定めとなっています。

前払いということなので、勿論車を売ってしまって所有権を手放した時では先払いした分の税金は還ってくる事を意味します。

この税というのは先払いで今年度の税金を納付するから一年以内に愛車を売却した場合は買い取った所有者がこの税の納付義務を負うのです。

売却先が専門店であれば、買い取り時にあなたが支払いすぎた金額を返還してくれます。

まとめると所有権が移転された際からの税額は、新たな所有権を持った人が納税義務を負います。

もしあなたが10月のうちに愛車を売った場合は、11月以降来年3月の間までの自動車税は戻ってくるのです。

というのは前述の通り自動車税というのは一年分を先に支払っているという決まりによるものです。

つまり前所有者は売却相手に払いすぎたお金を返してもらうということです。

業者を介さずに車を手放す際に何気にこうしたことに気付かない方が見受けられるので、しっかり確認をとるようにすることです。

自動車税という税金は車を売った際に返金されるということを意外と知っている人が少ない事を利用してそのことを説明しない業者もいます。

こちらから返金に関しての話をしなければ一切そのことに関して触れないという場面も結構見られます。

そのため車の売却をする際には払いすぎたお金が返金されるかどうかをチェックすることを忘れないようにしてください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.