普通であれば絶対カード利用者に渡す紙の方

クレジットを店舗等において使う時もれなく思ったことがあるかと思うのですが、レジの人がわからないことでどちらのレシートをお客さんへ渡すべきか迷う時があるかと思います。76-18-47

というのも、クレジットカードを決済すると、カード端末より3組綴りの明細レシートが印刷されるためでありどの紙をお客様のもとへ渡して良いのかわかりにくいという話です。76-12-47

レシートについて>上で述べた3組綴りの使用明細の正体とはとは何なのかについてまとめると下記のようになります。76-15-47

1客に保管してもらう使用レシート。76-2-47

2お店の控え利用明細。76-6-47

3カード会社控え用の明細(記名する明細)。76-9-47

普通であれば絶対カード利用者に渡す紙の方を渡されるはずなのですが時々、店舗控え用の利用レシートの方を利用者側へ間違えて渡してしまう場合の他、記名したレシートを渡すというような痛恨のミスなども存在するのです。76-4-47

このようなパターンはバイトの従業員に対してやいつもクレカが使われない店で会計する際カードを使用すると、レジ担当者の焦りを体験できるでしょう(笑)。76-19-47

いつかスタッフが違う方の利用レシートを提示してきた時には、冷静に「これじゃありませんよ」と直してあげてください。76-16-47

76-10-47

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.