あなたの体調が変なときです

実際にパソコンの。

ディスプレイの前に座って上がったり下がったりしている市場を見ていると何やらエントリーをしなければいけないという思いが生まれる状況も少なくないだろう。

でも、不明瞭な勘でエントリーすることは間違ってもしてはいけません知っての通り、外国為替市場は昼夜を問わず、いかなる時でもいずれかの国のマーケットが開かれているし市場も常に変動している。

しかし、だからといって立て続けに売買を積み重ねると、それだけで損失を被る危険が高まってしまう。

もちろん、注文の数を増やすことによって、少しずつ儲けられる確率が半々になっていくのは事実です。

しかしその事実は「ぼんやりとした感覚で取引」してしまうこととは別の話です。

注文回数を重ねるというのは「ここはいける」と考え付いた自信を得られた状態でのトレード回数を増やすという事です。

特段の理由も無く、連続して取引を経験するのとは明確に違う。

市場の駆け引きに勝利するためには、あなたが主体的にメリハリをつけることこそが必要です。

「ここで勝負」と思えた市場の時には、迷うことなくポジションを多くして利益を追求する。

「かなり悩ましい市場でどう上げ下げするのかわからないな」と思い至った時はいっそのこと売買ポジションを全部見切りをつけて何もせず静観します。

それぐらいのけじめをつけた方が、最後に売り買いはうまくいきます。

為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

文字通りその通り。

取引とは、常にポジションを所有する事が全部ではなくポジションを保有せず何もしないことも場面によってはFXです。

それでは、どういった時に休めばいいのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、これからのマーケットが曖昧で難しいときです。

今からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は考え無しで行動すると、自分の考えた物語とは異なった方向に外国為替市場が推移してしまい、損失を被ることになる。

こういった状況ではポジションを0にしてそのまま何もしないで見ているだけがいいだろう。

ふたつめは、あなたの体調が変なときです。

体調と為替相場に関係ないと思う投資家もいると思いますが現実にはかなり影響します。

コンディションがよくなければ、市場の大少な局面で必要不可欠な決断ができなくなります。

気分が乗らない時はトレードから遠ざかる事も肝心な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.etourismnz.info All Rights Reserved.